去年、ぎっくり腰になった話。 その③・実家

こんにちは、荒波まぐろでございます。

 

今回は三部作の完結編となっております。

去年、ぎっくり腰になった話。その①職場

去年、ぎっくり腰になった話。その②病院

から話が繋がってますのでお暇があればそちらをどうぞ。

 

前回のあらすじ

腰を痛めて車から降りることもできないまぐろ。看護師さんの助けを借り、なんとか診察まで終えることができた。結局、ぎっくり腰。一人での生活は無理だと判断したまぐろは、母に病院まで迎えに来てもらいしばらく実家でお世話になることに・・・

 

 

恐怖の家路

両親が迎えに来た時、私はベッドで横になってたの。起き上がろうとしても中々起き上がれない私を見て、母は看護婦さんに

「これって労災になるんですか?」

ってしきりに聞いてたわ。今はそんな事どうでもいいわよ。看護婦さんも困ってるし・・

父親は動けない私をみて笑ってたわね。こんな時に不謹慎なって思ったけど、そういえば私も爆笑してたわ。父がぎっくり腰になって四つん這いになってる姿をみて。

で、なんとかベットから起き上がって、母の運転する車へ。父は私の車で帰宅。

病院から実家まで20分位なんだけど、地獄だったわ。私の母親、ブレーキが急なのよ。赤信号でも、もっと手前から少しずつブレーキかけてればいいのに、いつもギリギリなの。運転歴30年以上の母いわく、「ギリギリで青に変わる可能性にかける」

ってわけのわかんない事いってるわ。

ってことで急ブレーキ連発なもんだから、その度に腰と私が悲鳴をあげるのよ。自分で運転した方がまだマシだったわ。自分以外の運転ってブレーキのタイミングが分からないから不意討ちでくるのよ。

ちょっと、そこでブレーキかける?ってこともしょっちゅうだし。

「もう少しで家に着くから我慢してね!」

いやいや、急がなくていいから穏やかに運転してください・・・

 

 

実家にて

ようやく実家に着いたわ。痛み止めが少し効いているせいか、病院の時よりも車を降りるのが楽だったわ。それでも痛さで顔が歪むほどだけど・・・

一階のリビングの隣にある畳の部屋を使う事になったわ。本当は二階に私の部屋があるからそこがいいけど階段登れないし。

取り敢えず布団引いてもらって横になることにしたの。だけどベッドと違って高さがないから、横になるのも一苦労よ。取り敢えず両膝ついて、そのあと腰が曲がらないから、下にクッション置いてそこにダイブ。すっごく痛いけどこれで横になれる。

起き上がる時はもっと悲惨よ。まずつかまるものがないと起き上がれないから。私は部屋のタンスにつかまってたわ。

起き上がる時、最初、四つん這いになるんだけど、その四つん這いになるまでに悶絶タイムがあるのよ。しかも強烈。やっぱどうしても腰をひねっちゃうのよね。

で、タンスを支えにして両膝で立つ。ここでも悶絶タイム。最後にタンスにつかまって立ち上がる。はい、悶絶タイム。

ってことで立ち上がるのはホントに大変。10分くらいかかってたわ。

でね、そんな事を繰り返していると、あることに気がつくの。

痛さのピークの後、一瞬腰が動かせる。

10秒くらいのピークの後、2秒くらい無痛タイム。無痛っていっても違和感はあるけど。

その無痛タイムを上手く利用するのよ。まず四つん這いになるときに激痛。そのときの無痛タイムに一気に立ち上がるの。ちょっとしくじると最後に悶絶することになるけど、時間は短縮されるわ 。

で、実家にいるときに一番困った事はトイレ。特に大。まずキバれない。だから自然と落ちていくのを待つしかないの。時間かけすぎたら腰が固まっちゃって動けなくなるから難しいの。

無事に出終わったあと、最大の難関がやってくるの。お尻に手が届かない・・・

もうね、最初はパニックよ。このぎっくり腰が治るまでお尻ふけないんじゃないかって。前から手を入れても届かない。もちろん後ろからも。さてどうしよう・・・

結局悩んだ挙げ句、最終手段よ。捨て身の作戦。無痛の2秒にかけたの。

まずちょっと強引にお尻に手を伸ばします。ここで激痛。で、激痛引くまで我慢。そして運命の無痛の2秒。腰をひねって手を伸ばして、なんとかお尻に手が届いた!激痛。だめだ。間に合わなかった・・・でもちょっとはふけたわ。

って事で、2回ほど繰り返してようやく綺麗になったのです。正直、ぎっくり腰で一番苦労したのはこのトイレだったわよ。

ほとんど横になって過ごしたけど、数えきれないほどの激痛に耐え3日。ようやく痛みが和らいできたのね。起き上がるときも、若干痛いけどスムーズに立ち上がる事ができるようになったわ。

少し身体を動かせるようになってきたら、あとはできるだけストレッチなどの運動する。そうしないと筋肉が固まっちゃって治りが遅くなるらしいわ。

結局、仕事に戻れたのは六日目だったわ。ちょっと腰の張りは残ってるけど。

 

 

あれから一年・・・

あれから一年。取り敢えずぎっくり腰は再発してないけど、たまにあやしいときがあるわ。

腰が重くなるっていうか、ツンと張るっていうか。一番ヤバいって思ったのは腰がピキッてなった時だったわね。

そうなったらすぐに動くのを止めて、ちょっと様子を見るの。で、少しずつ動かしてひどくならないか確認。無事を確認したらストレッチをして筋肉をほぐすの。

正直、ぎっくり腰の一番の予防は日ごろの運動やストレッチだと思うわ。柔軟身体作りを心かけて生活すればある程度予防できるはず・・・

実際、分かってても、できてないのが私、まぐろです。

 

ってことで今回はここまで。荒波まぐろでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です