まぐろ、宇宙人の存在を考える

どうもこんにちわ。荒波まぐろでございます。
先日職場でちょっと盛り上がった話題があるの。

宇宙人はいるのか?

休憩中にそんな話題になったもんだから時間がなくて、その時は中途半端に終わったのよね。なので私、まぐろが改めてこのブログで議論するわ。一人で。「まぐろの一人議論」ってシリーズでも作ろうかしら・・・私、結構好きなのよ。宇宙人とか幽霊とか。ブログのネタ稼ぎになるかも。
ちょっと前置き長くなっちゃったわね。では「まぐろの一人議論」始めるわよ!

宇宙人はいます!!

f:id:hanautakoujisp:20180728002153p:plain

タイトル、言いきっちゃってるわね。そう。私が出した結論は

宇宙人はいる!

なぜ私は言いきったのか?それはこれから語らせてもらうわ。ちなみに今回の宇宙人は地球外知的生命体のことね。微生物とかじゃなくて、地球の人類より優れた知能を持った人類をテーマにするわ。

無限にある星

私が宇宙人はいるって断言する理由。一つ目は

無限に存在する星

よ!無限って言ってるけど実際は有限なんだけど、誰も正確な数なんか分からないし無限みたいなものね。そんな凄い数の星の中で、生命体が存在するのは地球だけだと思う?地球だけが特別なのかしら?確かに地球は生命体が育つのに凄く適した環境なのよね。だけどそれって地球の生物が地球の環境に適しているだけなんじゃないの?もちろん地球で生まれてるんだから地球の環境に適しているのは当たり前よね。地球より全然環境の悪い星でもそこで生まれたらその環境も当たり前だと思うのよね。

地球と似たような環境の星にしか生命は存在しないって思うことが間違いよ!

逆に、「この宇宙の無数の星のなかに私達地球人より優れた生命体はいません」って証明する方が難しいんじゃない?

所詮この星の科学って、まだ太陽系の中の事すら全然わかってないのよね。地球の科学力って他の星の文明から見たら下の下レベルかもしれないわね。実際、星と星を行き来するような連中の科学力と比べたら、足元にも及ばないだろうし。もしかしたら、今地球にある技術のいくつかは宇宙人から教えてもらった技術だったりしてね!

科学の急激な進歩

人類が初めて火を使うようになってから今までどのくらいたつのかしら?ちょっと調べてみたわ。
人類が火を使うようになったのは20万年〜170万年くらいですって。だいぶ差があるわね。自然発火の火を利用していたのか、自分で火を起こしたのかでまた違ってくるのかしらね?
そのあと言葉を話したり、文字を作ったりで意志疎通の技術ができあがるのね。で、少しずつ進化していって約200年前に産業革命よ。そして今。空を飛んで移動するのは当たり前で、さらに宇宙旅行が現実味を帯びる時代になったわ。

私が不思議に思うのは産業革命からの急激な科学の進歩よ。火を使い初めて、言葉を話すようになって、道具を使うようになって・・・その行程は何十万年もかかってるに、ここ200年の進歩は異常な速さだと思うのよね。アインシュタインとか頭が良い学者が色んな道を切り開いた事は理解できるけど、私、考えたわ。仮説。完全に妄想だけど・・・

今の地球の科学の一部は地球外のもの

よくある仮説かしら?まあ、誰でも考える事よね。でもこう考えるのがしっくりくるのよね。科学の基本を宇宙人に教わって、あとは人間が応用していく。みたいな。実際ピラミッドなどの古代の建造物も宇宙人が関係してるかも、なんて説もあるし。とにかく、地球外知的生命体の存在で理に叶うことが多々あるのよ。

ってことで簡単にまとめるわよ。

なぜ私が宇宙人の存在を信じるのか?

星の数は無限にあるのだから、生命体が存在するのは地球だけではない。

産業革命からの約200年間、急激な科学の発展は地球外知的生命体が関わっている。

正直、議論するまでもなく、①だけでもかなり説得力あると思うの。だから「宇宙人はいるのか?」「いる。」で終わり!次行くわよ!!

宇宙船(UFO)ってウソ?ホント?

f:id:hanautakoujisp:20180728002231j:plain
http://jin115.com/archives/52219221.html

ここからが本番よ!だって今までの「宇宙人はいるのか?」のくだり、私の中で「いる。」って結論出ちゃってるから、ただダラダラと文章書いてるだけだったわ。なんかありきたりな内容だって分かってるのよ。
でもこっからは私もちょっと楽しみなの。なぜなら・・・議論しながらブログを書くからよ。一人で。一人だから議論じゃなくてただ考えるだけだけど。じゃあ始めるわ。

UFOってほんとに存在するのかしら?
“宇宙人信じてなんでUFOの存在疑ってんの?”
って感じよね?私が信じているのは、”宇宙人がこの宇宙のどこかに存在する”っていうことであって、”地球に宇宙人が来ている”ということまでは分からないのよね。

UFOの写真とか映像ってたくさんあるでしょ?私、そういうの素直に見れないのよね。”どうせ合成でしょ?”って思っちゃうのよね。今の時代、素人でも簡単にCGとか作れるらしいのよ。もう、本物と偽物の区別がつかないわよ。特に最近ではドローンじゃないの?ってね。だからテレビでUFO特番があってもすっごい冷めた目でみてるわ。一応、最後まで見るけど。

私、UFOって存在に違和感があるの。宇宙船を作って遠い地球まで来れる技術を持ってるってことよね。そんな高度な科学力があれば、物体を透明にする技術も可能だと思うの。

そもそも、宇宙人が地球に来るための理由って何?偵察?侵略?友好関係を築きたい?
友好関係を築きたいなら、”たまに人に見られてます”って中途半端にせずに、もっとオープンになればいいのにって思うのよね。
問題は偵察や侵略の場合よね。そんな時こそ地球人に姿を見られたらだめでしょ?あんなに簡単に動画や写真撮られたらスパイ失格よね。やっぱほとんどのUFOは透明なのよ。姿を見せずにこっそり私達を監視してるのよ。すでに上空にうじゃうじゃといるかもね。透明UFO。
私、ふと思ったんだけど、宇宙人って必ず宇宙船で来るとは限らないんじゃない?地球より相当文明が発達してるとしたら、四次元とか五次元とかの世界へ行っちゃってると思うのよね。そうしたら、別に乗り物で移動なんかせずにテレポーテーション(瞬間移動みたいな)の技術があるんじゃない?空間や時空をねじるだとか。だから、タイムマシーンも作ってるかもね。って考えると私達が知ってるUFOって宇宙の乗り物って感じがしないのよね。なんか近未来の地球の乗り物みたいな・・・

ここで一つの仮説を思い付いたわ。簡単にまとめてみました。

①近い将来、宇宙人と地球の人類と接触。(アメリカやロシアなどの偉い人)
②友好関係の協定を結ぶ。(パニックになるから情報はまだふせてある。)
③取り敢えず友好関係の手土産に、まだ人類が到達していない領域の知識を得る。
④その知識でタイムマシーンをつくる。そして、ちょいちょい過去へ。
⑤過去の人類に目撃される。(物質を透明にする技術は教えてもらえなかったか、その技術に必要な資源が地球に無かった為、割りとばれる。)

こんな感じでどう?UFO=タイムマシーンって説にちょっと色付けてみたわ。正直、ちょっと説得力無いけど・・・
でも、何回も言うけど、宇宙人が宇宙の何処かに存在している自信はありよ!以上。まぐろでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です